影響

色々なアイテムを試す

古物営業法の影響だけではなく、近年青少年のモラルや性犯罪などを規制するものとして、各自治体で青少年に関する条例が施行されることも多くなりました。その条例が適用される地域内にて内容に触れる行為をすると、何らかの処罰を受けることとなっています。
青少年保護育成条例と呼ばれるそれらの条例は、各自治体によって取り締まる内容や罰則などの規定に多少のばらつきがあります。例えば、性的な表現や残虐表現を含んだ図書を有害図書として規制したり、深夜営業しているカラオケ店やネットカフェへの入店を制限したり、中古品の売買に関してもこの条例の範疇に入っていることがほとんどです。
それに加えて、ブルセラショップが古物商としての認可を受けなければならないという規制とは別のところで、18歳未満が使用済み下着を販売すること自体を規制していることが多く、売る側も自由に売れるわけではないのです。
その項目自体がブルセラショップの営業を規制するために制定されたとも言われており、18歳未満のシミ付きパンツを手に入れることができる機会がなくなってしまったというわけです。

マニアックな商品

女性が使用するグッズ

ブルセラショップでは染み付きパンツ以外にも使用済みナプキンや使用済みタンポンなどのさらにマニアックな商品を運が良ければ購入できます。
ブルセラショップでは使用済みのシミ付きパンツ以外にもさまざまな商品がうられています。
運が良ければ購入できるのが使用済みナプキンや使用済みタンポンなのですが、これらの商品はただ運がいいだけで購入できるわけではありません。
こういう商品に関しては会員登録している人にのみ送られてくるダイレクトメールなどで入荷していることを知ることができます。
こういうお宝商品を購入できたりもするので購入時には会員登録をするのですが、登録後にダイレクトメールをセキュリティソフトなどで弾いてしまうことがないように気をつける必要があります。
また、そういう商品以外にも使用済みのセーラー服やブルマの販売も行われています。シミ付きパンツ以外にも使用済みの制服などが売られていますのでさらに新しい発見をすることができます。

文化の土壌

太さの違うアイテム

流通実態について紹介しました。
使用済み下着が、これほどまでに好かれることになった原因はどこにあるのでしょうか?

まずは、それを知るためには、異様に盛り上がったブルセラブームについて考察する必要があります。
そもそも、なぜ日本ではブルセラブームが起こったのでしょうか?同様のブームは、知る限りでは同様のブームを見ることができません。
そこで、日本という文化の特殊性に注目していきましょう。

そもそも、日本という国の特質性については、色々と異論があるかもしれません。
しかし、こればっかりは言えるということがあります。
それは、総じてロリコンが生まれやすい土壌にあるということです。

江戸時代まで遡れば、そもそも性に対してかなり奔放な文化を有していました。
また、女の子も14才をすぎれば嫁入りができてしまうという、驚異的な文化だったのです。
そのことを考えると、ロリコンが生まれやすい土壌というのは日本という土地にあったはずなのです。

それが直接ブルセラと因果関係があるかどうかはわかりません。しかし、無関係でもなさそうです。
それを証拠に、売られている使用済み下着は、ほとんどが女子学生のもののはずです。

手の上にあるパイプ

シミ付きの価値

ベッドに置かれている

女の子のシミ付きパンツ、欲しいと思ったことはありませんか?彼女や奥さんのシミ付きパンツをいけないいけないと思いながらつい嗅いでしまったり、ブルセラショップのサイトをまじまじと覗いてしまったり。このような欲望は特に珍しいことではありません。女の子のあの部分からにじみ出たいろいろなものはその部分と同じくらい興味深いものです。

そのようなシミ付きパンツをリアルタイムで拝めない男子たちは、思い切ってブルセラショップから買ってみてはいかがでしょうか。インターネットサイトを覗いてみると、たくさんの女の子たちが恥ずかしいシミをたくさん付けたパンツを惜しげもなく販売しています。

昔はブルマ&セーラー服、つまり制服やそれに付随するソックス・靴などの販売がメインだったブルセラショップ。しかし現在では主に取り扱っているのは女の子たちの匂いや汚れを思うさま擦り付けたシミ付きパンツやブラなどの下着たちです。

このようにブルセラサイトで女の子が実際に着けた下着を販売しているときは、その横に女の子の写真と下着をつけている写真がセットでアップされています。それぞれ下着の好みやシミの具合、また女の子たちの好みによって好きなパンツを選んで注文すれば、数日後にはそのシミはあなたのものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加